私が何故この様な成績を残して居ながら、競馬情報サイトなる物で皆様に情報を提供するのか。

疑問に思う方も居るだろう。

それには一つに「馬券の多種化」、「馬券売上の低下」により、過去に比べオッズが変動し易くなった事が挙げられる。

それにより「大口投資」が発覚しやすくなった事だ。

競馬界と言うのは何度も述べたが、「ムラ社会」である。

そしてそれは「信頼」と言う繋がりに置いて成り立っている。

そして人間とは欲深い者である。

もし私の事を快く思っていない関係者や、私に情報を提供してくれた関係者がこの事実を知ったとしたらどうなるか。

その噂は右から左へと物凄いスピードで伝わり、間もなく殆どの関係者が私に対し口を閉ざす事になるだろう。(例え競馬界の奥の奥まで熟知している私とは言え、立場的には一介のフリーライターに過ぎない)更にはそれがJ○Aにも伝わった場合、金額が大きくなれば成るほど「八百長をやっているんじゃないか?」と疑われ、現在所持している取材パス等を取り上げられる可能性すらある。

もっと悪ければ競馬場出入り禁止すら可能性としてはあるのだ。

そんな危険を冒す事を避ける為、どの様な手法を取ろうかと考えている時、ある関係者から「最近競馬の予想サイトが流行ってるらしいなあ。ホンマに当たるんかのう。」と予想サイトの話を聞き、ものは試しにと幾つかのサイトに登録して見たが、結果は散々なものだった。

最初は良くこんな情報でプロが名乗れるな。

と感心していた私だが、これなら私が本物の情報を提供した方が、「競馬は儲かる」「競馬はおもしろい」という競馬ファンを増やし、再び競馬場に人が戻ってくるのではないか?と考えた。

そうなれば昔のようにある程度の「大口投資」をしてもオッズに変動を来たさない時代が帰って来るかもしれない。

そう思い決断した次第である。

当たる情報が貰えれば誰もが馬券を買う。

そして儲ける。

誰も困る者は居ないのである。(他の予想サイト運営会社は困るかもしれないが)そう言った経緯が有り、今の「競馬のカラクリ」があるのである。

そして「競馬のカラクリ」を御利用頂く皆様には競馬界を盛り上げて貰うと同時に、本物のプロと言うものをご理解頂くつもりである。

Fで有名なSオーナーがヴィクトリアマイルで三連単に230万円投資し、2億円近くの払い戻しを得た事で話題を博したが、競馬界ではこんな事は日常茶飯事である。

儲からない者の隣には、必ず儲かる者が居るのだ。

当たらない、儲からないのには必ず理由がある。

それをいつまでもJ○A、競馬故の不確定要素、控除率のせいにしていては、一生「次のステージ」へは昇れはしない。

上にも述べたように、本物のプロには3つの原則がある。

「1:馬主の力関係や厩舎、J○Aの相互関係や思惑等、違う視点で競馬を見る。」

「2:当事者(馬主・陣営・騎手)からの情報を集めると共に、その背景を知る。」

「3:鉄板視されていても、話題になっていても、情報がないレースは見する。」

これを全て踏まえ、競馬と言う最高に儲かるギャンブルにおいて貴方も私と同じ最高の週末を過ごそうではないか。

[←戻る]