2011年07月16日(土)

足場 解体

あと少しです !(^^)!
北側の 足場が解体されました。



毎日の 猛暑の中、本当にお疲れ様です。
マンションの施工会社は 竹中工務店さんでして、今回の修繕工事も竹中さんです。
竹中さんの下請け業者さんは 本当に感じの良い方達ばかりなんです。

朝、8時頃から ラジオ体操をして、8時半には 30名ほど 
業者さんが ぞろぞろとマンション内に 入ってきます。

今は足場の解体作業なので、みんなで声を掛け合いながら 作業をしています。
腰に命綱を付け、真っ黒に日焼けして作業している姿に心を打たれます。







二月から 修繕工事に入りましたが 業者さんは いつも気持ち良く挨拶してきて
くださいます。うちにご来店のお客様にも 気持ち良く挨拶してくださり、
また、お客様も「ご苦労様です〜」なんて、声をかけてくださってる。

そんな やり取りを ドアの内側から聞いている私は 胸が熱くなります。
私が見ていない所でも、お互い相手を思いやっている。
業者さんも素晴らしいですが サロンのお客様も素晴らしいです。
そんな 素敵なお客様達に恵まれている事に改めて
感謝の気持ちでいっぱいになります。

以前から 誰も見ていない所での 業者さん同士の会話が
窓越しに聞こえてくる事が多々ありました。
部下は上司を慕い、上司は部下を思いやる。そのような やり取りが
ひしひしと伝わってくるような日々の言葉かけに 心なごみました。
きっと 素敵な仲間達なのでしょうね。

先日、竹中さんの 責任者の方と お話しする機会があったので、
私の感じた事を べらべら喋ってしまいました。
「こうゆう仕事は 仲間意識と連携プレイが一番大切ですから」
「下請さんを褒めていただき すごく嬉しいです。みんなに伝えます」
とおっしゃってました。

マンションの住民の方達も きっと同じ思いでいると思います。
自分は気づいていなくても、人は必ずどこかで見ている。
たとえ努力が報われなかったとしても、
その努力を認めてくれる人が必ずいるのだと思います。


今日で 足場が解体され 少し悲しくなりました(/_;)
今までより 沢山の人達の声を聞き、沢山の人達と 顔を合わせ挨拶する。
にぎやかだった毎日が 静けさを取り戻しつつある。
寂しいなぁ〜 (T_T)
なんだか悲しくなったので、最後に笑いを ひとつ。
業者さんは 8割以上 イケメンだと思います(笑)
ヘルメットごしなので、良く分かりませんが・・・多分・・・((笑))”

シートも外れ、視界もバッチリ(^_-)-☆




←前|次→
日記TOPへ